コーディングにはテキストエディタがおすすめ!

デザイン性のあるホームページにする方法

スマートフォンやパソコンでは、様々なデザインのホームページを閲覧することができます。作成するなら、自分もなるべく綺麗なデザインにしたいと考える人は少なくありません。デザイン性が高く見栄えが良いホームページを作成する時に、必要になってくるのがコーディングです。
ホームページのデータはHTMLと呼ばれるプログラムで書かれています。ただ文章を書くだけでは、白い背景に黒い文字が表示されるだけの味気ないデザインになってしまうでしょう。作成する際には内容を書いた後に、文字の大きさや色をタグと呼ばれる方法で指定する必要があります。専用ソフトがなくても、テキストエディタでHTMLのファイルを開いてデータを編集することが可能です。

複数のページを一度に変える方法

複数のページで構成されているホームページを持っている人も少なくないでしょう。その場合、掲載できる情報量が増える代わりに1ページずつHTMLデータを用意する必要があります。ページ毎に文字や背景の色などデザインをコーディングすると大変な作業になるので注意が必要です。途中でホームページをリニューアルしたい時、簡単にデザインを変更することができなくなります。複数のページを扱うなら、デザインに関する情報を記述するファイルを別に用意するのがオススメです。このデザインを記述したファイルはスタイルシート(CSS)と呼ばれるもので、テキストエディタで編集できます。専用のソフトがなくても、テキストエデェタで作成した後に拡張子をcssに変更するだけでファイルが完成するので心配ありません。この方法なら、スタイルシートのファイルを一つ変更するだけで複数のページのデザインを一度にコーディングすることが可能です。

hp作成ソフトを使うと簡単にホームページを作成することができます。ソフトには有料のものと無料のものがあります。