htmlとはなんだろう?

htmlはインターネットで文書を作成する決まりごと

htmlとはHyperText Markup Languageの略語で文書と文書を結びつけることができる言語の事で、リンクとなる文書をクリックした際に違うホームページに繋いだりする事ができるネットワーク言語です。1993年当時からhtmlの開発がされていましたが、当時のhtmlには今ほどの機能は無く、簡単な文書を表示させる程度の能力しかありませんでした。現在のバージョンはHTML 4.01のバージョンが最新のモデルになりますが、4.01のバージョンが完成したのは1999年になります。現在、新たにバージョン5が開発中です。htmlはwebページを製作する際に使われる文書でwebページとwebページを繋ぎ合わせることができます。

CSSの必要性と役割

CSSとはCascading Style Sheetsの略語でウェブページのスタイルを指定するための言語です。CSSはHTMLで構成されたホームページに色や背景を追加するための文書の事でhtmlで書かれた文書と組み合わせることで効果を発揮します。htmlの文書だけでは文字の色を変えたり背景となる色を変えることはできませんがcss文書を組み込むことでホームページに色をつけたりする事ができます。この文書をhtml文書の中に取り入れることにより、文字の大きさや色、行間などの見栄えを調えることができます。見栄えを整えることによりホームページを見やすくしたり、ホームページに訪れてくれた方に興味を持ってもらえるwebページ作りができます。