cssはhtml要素を配置する設計図

CSS(スタイルシート)とは?

CSS(スタイルシート)とは、とても便利なものでトップページ+数ページで構成されたような小規模なホームページを除いては不可欠なものです。具体的には、HTMLとデザインは分離されるべきものという考え方のもとから生まれたもので、まず、各HTMLからCSS(スタイルシート)を読み込めるように設定します。そして、HTMLファイルから指定したcssファイルの中に指示書を書くように各ページのデザインに関する要素を書き込むことによって、ホームページ内の全ページの様々な操作が一括で出来ます。そのため、cssファイルはまさにホームページの設計図的なファイルといえます。CSS(スタイルシート)のことを知らなくてもちょっとしたホームページを作ることが可能ですが、大規模なものを作る際はCSS(スタイルシート)の基礎知識を覚える事が必須になります。

CSSファイルからはどんな指示が出せるのか?

続いて、cssファイルからはホームページ内の各HTMLに対してどんな一括指示を出せるのか、という点についてです。まずわかりやすいところでいうと、H1・H2タグ内の文字は何もしないと相当な大きさで表示されてしまいます。しかし、小さな文字ばかりで構成されたホームページの中でH1・H2タグが大きすぎると浮いた存在になってしまいます。しかし、cssファイル内にて文字サイズを指定すると、各ページのH1・H2タグ内の文字を一括で適切なサイズに変更する事が可能です。その他、わかりやすいところでは、文字の装飾・リンクの色・行間の大きさ・背景の色や画像を一括変更できます。さらに上級者向けの参考書を見ながら高度な技術を習得すれば、もっと様々なものを一括変更できますが、高度な技術でも参考書を見れば誰でも出来るほど簡単です。

起業してホームページも作ってみたものの集客が上手くいかない。それならば、ホームページ制作を格安で行ってくれるプロに依頼するのが成功への近道です。